建築の照明計画

DIY

日本の住宅は蛍光ランプが普及したことで明るさを増しました。夜でも日中のような環境で暮らしができることが可能になり、現在の日本の住宅でも根付いたものになりました。

照明器具は、可視光線を含む光線を発して部屋を照らします。しかし光源の種類によって波長の分布が異なるため、その色味が変わります。

色の波長分布を分光分布といい、演色性の良否に大きな影響を与える要素になっています。

色温度はKケルビンという単位で表されます。

5000Kの白光色を境に、その値が低くなるほど暖かく感じ、高くなるほど青みを増して冷たく感じます。

照らされているものの見え方は光源の性質によって異なり、この色の見え方を左右する光源の性質を演色性といいます。

コメント