住宅設備(換気設備編):インテリアコーディネーター

局所換気と全般換気の違い

台所やトイレなど、ある特定の場所で発生する異臭は拡散する前に集めて排出する必要がある。
このように、特定箇所で行う換気を局所換気といい、主に排風機のみを設置した第3種換気が採用されることが多い。
一方、酸素の供給、VOC除去などを目的として部屋全体で行う換気を全般換気といい、新鮮な外気を取り入れる給気が優先されます。

送風機の能力の示すものとは?

換気用機器には、一般に送風機と呼ばれる機器が使われている。送風機の特性は下に述べる風量と静圧で示され、一般に静圧を高くすると風量は減少します。

なおこのような風量と静圧の関係を表したものを送風機の性能曲線(PQ曲線)といいます。

風量:換気用機器が、単位時間に排気または給気できる空気の量

静圧:圧力に打ち勝って空気を送り出す力のことで、例えば、外部の風が強いとその風圧に抵抗するため高い静圧が必要になる。単位はPaパスカル

コメント