LIXIL シャワーユニットのタイプを解説します!!

DIY

LIXIL シャワーユニットのカタログを見ていると、タイプ表示にビルトインやピットイン、パンパネルタイプなどの表記があります。

本日はそのタイプ違いについて説明いたします。

LIXIL シャワーユニット

ビルトインタイプ

ビルトインタイプはドア面を除く三方向に間仕切り(壁)があり、その中に収めるシャワーユニットのことです。

外側が化粧されていないタイプになります。

ピットインタイプ

ピットインタイプは、ドア面と壁と反対側の面(室内側)の二方の壁が化粧をされている仕様になります。

LIXIL SPPシリーズ ピットインタイプ

なぜこのようなタイプな違いがあるかというと、LIXIL公式でも回答されているように建築側の手間を省くことができるわけです。

シャワーユニットでピットインとはどのようなタイプですか? | LIXIL|Q&A・お問い合わせ
シャワーユニットの室外側の壁2面が化粧鋼板仕上げになっているタイプです。 建築壁のコーナー部(入隅)等に設置すれば、建築側での仕上げを省略できます。 ちなみにビルトインタイプはユニットバスのよ

上記タイプはユニットバスを購入する際に、よく登場するタイプでありますが、その他にも防水パンと浴槽が分かれて狭い通路でも搬入がしやすいものをパンパネルタイプと呼びます。

これで自分がシャワーユニットのどのタイプを求めているのか理解できるのではないでしょうか。

コメント